MENU

浮気不倫で壊れた関係を再構築することはできるの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
浮気不倫で壊れた関係を再構築することはできるの?

「夫の浮気が発覚したけれど、今度どうすればいいかわからない」という悩みを抱えていませんか?

実際、子どものことを考えると離婚は避けたいけど、関係を再構築する方法がわからないという方が多く見られます。

しかし、不倫の発覚後に関係を再構築するのは容易ではありません。

いくつかのポイントに注意しなければ、関係が悪化することもあるため注意が必要です。

そこで今回は、浮気不倫で壊れた関係を再構築することはできるのか、という疑問について解説します。

この記事を読めば、夫の不倫発覚後の夫婦関係の再構築に役立つ方法を知ることができます。

夫婦関係を再構築したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者
あなたん管理人
あなたん管理人
  • 探偵事務所について50社以上調査しているマニア
  • 「浮気や不倫で苦しむ人に寄り添う」がモットー

プロフィール

記事の執筆について

当サイトではサービスや商品の掲載に当たり、ページタイトルの条件を満たすものを紹介しています。
費用や利便性、口コミ評判などを加味し、独自の視点で評価をしていますが必ずしも優劣評価を示すものではありません。
当サイトでは、ユーザーが無料で利用できるようAmazonアソシエイトほかアフィリエイト・プログラムに参加し報酬を受け取ることがあります。
しかし、掲載の順番に影響を及ぼすことはありません。PRなど特定の条件を満たす場合には、ユーザーにとって有益である場合に限り、優先的にご紹介することもありますのでご了承ください。

目次

浮気不倫で壊れた関係を再構築することはできるの?

結論、浮気や不倫で壊れた関係の再構築は可能です。

実際に夫婦関係を再構築し、幸せに暮らしている方も多いです。

お互いに自分の欠点を見直し、相手を思いやる気持ちを持つことができれば、再構築に向かっていけるでしょう。

また、夫が深く反省しており、再度浮気をする可能性が極めて低いととれる場合も同様です。

浮気の再犯が低いとわかれば妻の精神も安定するため、再構築を進めやすいでしょう。

しかし、夫婦関係を再構築するためには、悲しみや怒りを乗り越えなければなりません。

現実と向き合わなければならないため、つらい時間を過ごす覚悟が必要となるでしょう。

夫に対してだけでなく、夫の行動や言動に対して疑いを持ってしまう自分との戦いになる場合もあります。

浮気発覚後の夫婦関係の再構築は、夫もしくは妻のどちらかのみが努力している状態では成功しません。

少なからず、妻も自分の欠点と向き合わなければならないのです。

そのため、再構築を目指す場合は事前にしっかりと話し合いの場を設けることが大切です。

2人だけで結論を出すのが難しい場合は、夫婦カウンセラーに相談するのもよいでしょう。

周りの人の力も借りながら、少しずつ進めていくのがおすすめです。

関係を再構築するおすすめの方法5つ

関係の再構築におすすめの方法は主に5つです。

  1. 本音で話す機会を作る
  2. スキンシップを大事にする
  3. 不倫の話は会話に出さない
  4. お互いのスケジュールを共有する
  5. 日頃から感謝を伝えるようにする

夫婦関係を再構築したい場合、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

関係の再構築は可能ですが、時間がかかる場合が多いです。

焦って行動すると裏目に出る場合があるので、以下のポイントを意識して少しずつ再構築していきましょう。

方法1 本音で話す機会を作る

浮気発覚後に夫婦関係を再構築したい場合は、本音で話す機会を作るのがおすすめです。

再構築を決めても、お互いに言いたいことを我慢したままでは、再び同じことを繰り返しかねないからです。

たとえば、「子育てばかりで自分の扱いが雑に感じた」というのが夫の主張であれば、改善策を考える必要があります。

不倫の責任は当然夫にありますが、引き金となった出来事には妻も関係している場合が多いです。

そのため、一度お互いに本音で話す機会を作り、しっかりと気持ちを伝えることが大切

感情が高ぶる場面もあるとは思いますが、一方的に責め立てたり夫の言葉を全否定したりせず、できるだけ冷静に話し合いを進めましょう。

方法2 スキンシップを大事にする

不倫の理由はさまざまですが、夫婦のコミュニケーション不足が原因で不倫に発展するケースは多いです。

付き合いが長くなると減ってしまいがちですが、お互いへの気持ちを確認するためにもスキンシップは大事です。

そのため、関係の再構築を図ると決めた場合は、スキンシップの機会を設けるようにしましょう。

手をつないだりハグをしたりするようなスキンシップが難しい場合は、一緒にテレビやDVDを見るなどでも構いません。

お互いにお酒が好きな場合は、子どもが寝たあとに晩酌をするのもよいでしょう。

2人で同じ時間を共有すると、忘れかけていた相手への気持ちが再燃する可能性があります。

最初は照れが勝ってしまうと思いますが、関係を再構築するためにもチャレンジしてみるのがおすすめです。

方法3 不倫の話は会話に出さない

どれだけ許せないとしても、不倫の話を会話に出すのは良くありません。

関係を再構築する過程で不倫の話を出すのは、お互いにとってマイナスにしかならないからです。

たとえば、些細なことで喧嘩したときに「不倫したくせに」と言ってしまうと、再構築が難しいくらい関係が悪化する場合があります。

ふと思い出す場合もあるかと思いますが、本音での話し合いを終えた後は浮気の話を出さないようにしましょう。

なお、不倫の怒りを思い出してしまう場合は、吐き出し口を作るのがおすすめです。

歌うことが好きであればカラオケに行ったり、趣味がある場合は趣味を突き詰めたりするなど、気持ちを発散できる場所を作っておきましょう。

方法4 お互いのスケジュールを共有する

関係の再構築を始めたとはいえ、不倫発覚後は相手のことを疑いたくなるものです。

相手に不信感を持ったまま過ごしていくのは、精神的に好ましくありません。

そのため、信頼関係が回復するまでは、お互いのスケジュールを共有するのがおすすめです。

お互いのスケジュールを共有しておけば、「また不倫をされるのでは?」という不安に襲われずに済みます。

「帰りが遅くなる場合の連絡は必須」「お互いの週末の予定を共有する」など、2人の中での約束事を決めておくのもおすすめです。

なお、不倫が心配だからといってGPSやスマホを使って夫の行動を監視するのはよくありません。

それらの行動は、関係の再構築を阻害する要因になりかねないからです。

ストレスから不倫が再発する可能性もあるので、束縛しすぎないように注意しましょう。

方法5 不倫相手に慰謝料を請求する

夫の不倫の再犯が不安な方や不倫への怒りが収まらない方は、不倫相手に慰謝料を請求することを検討しても良いでしょう。

お金を受け取ったからといって不倫の事実は消えません。

しかし、不倫相手が許せないことで再構築がうまくいかない場合は、気持ちに区切りをつけるためにも慰謝料請求を検討するとよいでしょう。

不倫相手に対して慰謝料請求をする場合は、しっかりと不倫の証拠を押さえておくことが大切です。

浮気や不倫の証拠になるものは以下の通りです。

  • 不倫相手との不貞行為がわかるLINEやメールのやり取り
  • ラブホテルへの出入りがわかる写真や動画
  • ラブホテルのレシートやクレジットカード履歴
  • 不倫を認める録音データ
  • 不倫相手との通話履歴

慰謝料請求を有利な立場で進めるためにも、不倫の確実な証拠を手に入れておきましょう。

夫婦関係を再構築するときの夫の気持ち

夫婦関係を再構築するときの夫の気持ちとして多いのは、「心を入れ替えて頑張ろう」「もう妻を悲しませたくない」などです。

出来心で浮気をしてしまった人の場合、離婚ではなく関係の再構築を望んでいる場合が多いでしょう。

また、中には「妻にも直してほしいところがある」という気持ちの方もいます。

もちろん浮気や不倫をした方が悪いですが、妻側の行動や言動が浮気の引き金となっている場合があります。

たとえば、「子どもの相手に夢中で夫の話を無視する」「家に帰ってきても居心地が悪い」などです。

家での居心地が悪いと感じていた場合、再構築するのを面倒に思う場合もあるでしょう。

浮気の根本の原因が未解決の場合、最初のうちは再構築に向けて頑張っていても、途中で気持ちが切れてしまう方もいます。

夫婦関係の再構築を望んでいる場合は、目指す方向を確認するためにも本気で話し合う機会を作るのがおすすめです。

夫婦関係の再構築は妻次第って本当?

不倫発覚後も夫婦関係の再構築は可能ですが、実際は妻次第なところがあります。

夫に浮気されたときの気持ちは、当事者でなければわからない部分もありますが、怒りや悲しみなどが混じった複雑な感情のはず。

夫から謝罪を受けたとしても、すぐに気持ちを切り替えて関係を再構築するのはむずかしいでしょう。

一度壊れた関係を再構築するのは容易なことではありません。

精神的疲弊を被る場合もあるので、慎重に話し合いを進めましょう。

なお、夫に精神的に依存している方は、依存状態から脱却しないと再構築を進められない場合があります。

妻による依存や束縛が浮気の原因となっている場合、それらの問題を解決しなければ前に進むのは困難かもしれません。

妻側の精神状態が再構築を左右する場合もあります。

そのため、旦那に依存しているという自覚がある場合は、定期的に自分だけの時間を設けるのがおすすめです。

再構築を進めていくためにも、まずは心の安定を得ましょう。

浮気発覚後の夫の心理に関するよくある質問

浮気発覚後の夫の心理に関するよくある質問を解説します。

浮気発覚後の夫の心理を知りたいです

浮気発覚後の夫の心理として多いのは、「妻に対して申し訳ない」という気持ちです。

まさか妻にバレるとは思わず、軽い気持ちで不倫をしてしまう方が多いです。

いつも通りに振舞っているように見えても、実際は罪悪感から「どうすればいいかわからない」となっている場合があります。

そのため、「本当に反省しているの?」と夫に詰め寄るのは得策とは言えません。

関係の再構築を望んでいる場合は、お互いに落ち着いた状態で話し合う必要があるでしょう。

夫の浮気と向き合うために、あなたが今すぐにできること

今回は、浮気不倫で壊れた関係を再構築することはできるのか、という疑問について解説しました。

夫婦関係の再構築をする際に重要なのは、2人にとって居心地の良い家庭を作ることです。

もちろん浮気や不倫は許されることではありませんが、責め立てるのは浮気の再犯の原因になります。

浮気の再犯を予防するためにも、お互いの欠点を見直して関係修復に向けた努力をすることが大切です。

また、夫の浮気の再犯予防や自分の気持ちに区切りをつけるためとして、誓約書を作成するのも一つの方法です。

しっかりと誓約書を作成しておけば、相手への不信感からくるストレスも軽減できるでしょう。

なお、夫の浮気や不倫に関する悩みを抱えている場合は、無料で相談できる探偵事務所紹介サービスを利用するのもおすすめです(全日本優良探偵業協会などが有名)。

不倫相手への慰謝料請求や誓約書作成の相談にも乗ってもらえるので、ぜひ利用を検討してみてください。

\ 無料オンライン診断あり/

相談無料&匿名OKだから安心
※しつこい電話勧誘などは一切ありません
【公式HP】:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次